盛岡冷麺 食道園

昭和29年 盛岡冷麺の元祖 食道園

盛岡と言えば数多くの麺が人気ですが、その中でも盛岡冷麺は特に有名。元祖「食道園」の冷麺は盛岡人なら誰でもその麺の味を覚えています。

「食道園」の創業者青木輝夫氏が、東京数奇屋橋の店で出されていた冷麺を昭和29年(1954)盛岡に紹介。試行錯誤の末初めて盛岡に出店したのが最初とされます。

「食道園」の冷麺は珍しさも手伝って話題を呼び、ヘルシーでさっぱりしていることから女性客にも愛され、多くのファンを生むことになりました。

「食道園」の成功に刺激を受けた多くの焼肉店では、「食道園」の味をお手本に冷麺をメニューに加え、盛岡ならではの多くの冷麺が作られることになりました。昭和60年代にはグルメブームと地元企業の努力も手伝い「盛岡冷麺」として全国に知れ渡るようになりました。

ガイデックス取材班のIが冷麺を体験したのは36年前。今でも強烈に当時の食感を覚えています。強烈な歯応えのある感触。この味は何度か食べるうちに魅了されます。

盛岡冷麺の特徴は、何と言ってもその麺のコシ強さ。独特な製法で小麦粉と片栗粉を材料に作られ、ゆで上がると透明感のある麺に変身します。スープは牛肉や鶏肉をベースに取り、できあがった冷スープは綺麗な琥珀色に澄んでいます。キムチ味とのコンビネーションが抜群で、盛り合わせに、ゆで卵、キュウリ、牛肉、季節の果物が添えられます。

盛岡冷麺は、本場平壌で食されていた平壌冷麺に故郷盛岡の辛味のある冷麺を融合させたということです。現在でも頑なに「平壌冷麺」の名称にこだわっている看板からも頷けます。

最近は食ブランドとしての知名度も上がり、近隣県はもちろん全国的に名声を馳せている盛岡冷麺。各店で工夫を凝らし特徴のある盛岡冷麺をだしていますが、やはりここ元祖「食道園」の冷麺を食べなければ盛岡冷麺の心にふれることはできません。

盛岡人にとっての冷麺は冬でも食べる好物。暖房の利いた暖かい部屋で盛岡冷麺を食すのは盛岡の人にとって楽しみの一つです。盛岡では、ぜひ元祖「食道園」のこだわりの冷麺を味わってみたいものです。

食道園 電話019-651-4590 岩手県盛岡市大通1丁目8-2


大きな地図で見る